不妊去勢手術について

子供を望まないのであれば、不妊・去勢手術という選択もあります。
男の子の場合を去勢、女の子を不妊手術といいます。

メリットとデメリットについて

 メリットデメリット
犬の不妊
出血の処理が必要なくなる。
性ホルモンが原因の病気になる
リスクを軽減できる
 (乳腺腫瘍・子宮蓄膿症など)
手術のリスク
術後に太りやすくなる
犬の去勢早目に行えば、足をあげて排尿する
クセがつかない
性ホルモンが原因の病気になるリスクを軽減できる
(前立腺肥大・会陰ヘルニアなど)
手術のリスク
術後に太りやすくなる
猫の不妊発情がおこらない(※猫の発情は非常にうるさいです)
望まれない妊娠を防げる
手術のリスク
術後に太りやすくなる
猫の去勢 スプレー行為(臭いオシッコを少し
   高い位置にする行為)がなくなる
メスをめぐっての喧嘩や外出が減る。
その結果
交通事故などの危険も減り、感染症  (猫エイズなど)をもらってくるリスクも
減る 
手術のリスク
術後に太りやすくなる

適応時期

犬の場合は初回発情の前後 おおよそ8か月齢以降

猫の場合はおおよそ6か月齢以降

手術の手順

まず、事前に一度診察を受けていただきます。

診察、血液検査などをします。また犬に多いのですが、男の子の場合は精巣が両方おりているかどうかもチェックします。

過去一年以内にワクチンを接種していない場合は、ワクチン接種をします。

手術当日は朝からごはんを抜いて(水は与えてもらってもかまいません)連れてきてください。

手術終了後、去勢の場合は日帰り、不妊手術は一泊になります。